ブログ記事検索

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

🇫🇷ジェモセラピーフランス研修[GAP編]

歴史と味わいのあるお洒落なニースを後にして、車で5時間ほど移動して向かったのが

アルプスの南端に位置する田舎の町ガップです。

標高もそこそこ高く、僕が馴染みのある長野県の安曇野と似た雰囲気があるところです。

この町にジェモセラピーの製造販売元の会社Herbiolys社があります。

 

この町に着いて最初の感じたのは「長野と似てるな~」でした。

(僕はこちらのブログでも以前投稿していましたが、8年前まで13年ほど長野の白馬の近くに畑を借りて毎月通っていました。)

 

特筆ものなのはHrebiolys社の社長が取ってくれたホテルが、兎に角ステキングで暖かみと温もりが半端なかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もが好きな造りではないかもしれませんが、オーナー夫妻も素敵な方達で僕にはどストライクでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナー夫妻はナチュラルなものが好きで、ここそこにセンスが反映されていて

食事もナチュラルなものが多く、僕の為にグルテンフリーのパンも焼いてくださいました(°▽°)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長野の畑にそっくりな風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスでは沢山の素敵な風景に出逢いました。

その中で最も心に刺さったのがこの朝焼けでした。

 

なんとなく行きたくなり、

早朝一人で裏山に散歩に行き出会ったこの景色は魂に響くノスタルジー溢れる原風景でした。

 

 

Herbiolys社の看板
何から何までお洒落で洗練されています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Herbiolys社の工場見学では、ブノア社長自ら一つ一つ丁寧に説明をして頂きました。

その真摯な対応が正にブノア社長らしさで、仕事だけでなくプライベートに関しても常に真面目に正直に向き合う姿は、我々に安心と信頼を与えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Herbiolys社の周りは一面リンゴ畑、この凍ったリンゴは遅霜対策で気温が氷点下に下がる事が予想される時は、スプリンクラーで放水し予め凍らせ蕾や花を冷気から守るという逆転の発想!

 

 

 

野山の植物散策も満喫

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、今回のフランスの旅で、とんでもなく食べたのは乳製品でした!

普段ほとんどの乳製品を断っているので、どうなることかと思いましたが、、

なんと、何ともないんです!!!

(いつもは所謂遅延性アレルギーで、乳製品を摂ると、胃が重くなり背中が緊張してきます)

これは、どうゆうことかと云うと「日本の乳製品」だとダメ。

という事なんです。

残念ながら現状では日本の乳製品は生乳の状態が良くなくアレルギー症状が出てしまうのです。

 

日本の畜産の現状では牛の健康状態が悪く、その結果が生乳に反映されてしまっているのだと考えられます。

まずは飼育環境と餌の改善が最優先だと思います。

 

その為には生乳価格を上げる必要があり、消費者の意識にも変革が必要不可欠です。

日本でも安心してアレルギーの出ない乳製品を食べたいです!

 

 

さて、第2の目的地GAPでの楽しい三日間を終え、次なる目的地は「サン・ジュリアン・ド・ジョンジー」いよいよ植物を実際に採取してジェモセラピーのレメディを作る研修です。

そして、植物を心から愛するカトリーヌさんと2年ぶりの再会です。

 

 

素敵なホテルのオーナーとブノア社長

 

 

 

 

 

 

 

 

🇫🇷ジェモセラピーフランス研修[ニース編]

やっと投稿できます。

アルコールが入ると画面に向かう気力が無くなり、なかなか投稿出来ませんでした(-_-)

気を取り直して…

 

4月に生まれて初めてフランスに行って参りました!

日頃から治療にも取り入れ、自らも愛用している[植物幹細胞療法ジェモセラピー]の研修であります。

 

ジェモセラピーはここ数年アルテミスで取り入れているヨーロッパ発の植物幹細胞療法です。

エッセンスをお水に垂らして飲むのですが、植物の新芽や蕾にある植物幹細胞からエネルギーや成分を抽出したエッセンスで

本来の人間の持つ生命力を引き出し、心と身体を健やかな状態に導いてくれます。

 

そのジェモエッセンスの製造販売をしているNo. 1メーカーHerbiolys社での研修が今回の目的です。

「研修」という堅い名目での渡仏でしたが、想定外のとてもとても楽しい旅になりました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

初日と二日目まではニースに滞在でした。

ニースといえばコートダジュール、おしゃれな街のイメージがあってとても楽しみでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニースへはパリ経由だったのでシャルルドゴール空港で乗り継ぎでしたが

こちらは都会的で人も建物も兎に角おしゃれ!!

「おとなの男」という今までにないカテゴリーの目標のようなものを見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こちらはニースの町並み

 

 

 

 

 

 

 

「Un cafe sil vous plait」

今回覚えた数少ないフランス語のひとつです。

「コーヒーを一杯ください」ニースの通りに並んだカフェの席でコーヒーを飲みたくて

しっかり覚えて行きました^ ^

役立ちました!

 

どこか古い面影もあって歴史を感じられる味わいのある街並みで、

 

 

 

 

 

 

 

魔女の宅急便の町並み的といった感じでしょうか!?

ニースの町はどこか暖かみを感じる趣があって僕は大好きです。

 

すれ違う人も、みんなお洒落でユニクロファッション的な人が皆無でした。

新しいものに囚われず、思い思いのファッションを楽しんでいる様子で

みんな胸を張って歩いてました。

これは見習わなくては・・・ですね!

 

新しいものに囚われないのは、人だけではなくて町自体が古いものを大事に手直しして使っている感じで

「リノベーション」が当たり前なのも学ぶべきポイントですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが今回研修に行った[ジェモセラピー]のレメディ

Bioに特化した薬局に並んでました。

やはり現地の購入すると割安なのでいくつかまとめて購入しました。

フランスの[Bio]や[オーガニック]に対する意識が明らかに日本より高いのも至る所で感じました。

これはとても重要な事で、是非日本も追いついて常識にしたいです!!!

 

ニースの町はほんの一日半だったので、次回はもう少しゆっくり周ってみたいです。

(既に又行くことが前提になってます^ ^)

 

そして、ニースの次の目的地は僕の魂の郷愁の地GAPです。

断薬のススメ2

前回薬漬けについてお伝えしましたが、今回は何故薬をなるべく摂らない方が良いかについてお伝え致します。

 

分かりやすいのは副作用ですが、これはもう当たり前過ぎるくらい当然問題です。

 

身体を治すつもりで実は悪くしてしまっている訳で…

悪い菌を殺しながら必要な大切な菌まで殺してしまったり

痛みを抑えて健康な内臓に大きな負担をかけたり

慢性的な低体温に陥らせたり

もう挙げていったらキリがないほどマイナス面があります。

 

しかし僕が言いたいのは、薬本来の目的「主作用」にも問題がある事なんです!

薬の持つ「主作用」は熱を下げるとか、咳を止める、炎症を抑える、

血圧を下げる…

どれもこれも基本的に身体が目的を持ってやっている事を否定して、逆のことをしている事が問題なんです!

身体は常にベストの判断をしているという事を知って、そして身体を信じてあげて欲しいんです。

例えば、風邪をひいて熱が出た時、熱が出てしまったと考えますが、身体としては理由があって熱を上げている訳です。

ウイルスにとっては体温の高い状態は働きが鈍く、ウイルスをやっつける白血球にとっては高い体温は活発に働ける環境なんです。なので身体は体温を上げている訳です。

薬はウイルスに都合の良い環境を作ってしまうもので、治癒しずらい状態にしてしまうものなんです。

 

 

 

 

 

 

では、我々は症状をただ耐えて見守っていれば良いのでしょうか?

僕がオススメなのは身体の判断を応援してあげることです。

 

例えば、幹部が熱をもっていると冷やしてしまいがちですが、実は前述のとうり身体は幹部に熱をもたせている訳ですから身体の判断が正しいと考えると「幹部を温める」が正しい判断という事になります。

事実、僕の経験上圧倒的に温めた方が早く治ります!

冷やすのはどうしても痛みに我慢できない時だけで良いのです。

 

風邪などの全身症状の時は全身の体温が上がり辛いですが、出来るだけ熱を下げない方が良いです。

どうしても下げたい時は冷えピタなどで下げたりせず逆に使い捨てカイロなどを準備して背中などを温め布団に潜りしっかりと温かい状態を作ります。

熱さに耐える事10分程で、少なくとも5分(0.5度)、下がりやすい人だと1度くらい熱が下がります。

自分でも、子供でも何度もやっていますが必ず下がります。

要するに身体に対して”充分に温まっているのでそんなに体温を上げなくも大丈夫ですよ“と伝えているんです^ ^

 

 

やってしまい勝ちな”冷やす“は、身体としては何で体温が上がらないんだろうともっと熱を上げなければと思わせてしまっている訳です。

 

ですから、その瞬間瞬間で身体はベストな判断をしていると考えて応援してみて下さい。

 

身体とのコミュニケーションも今までよりも上手に出来るようになると思います。

 

身体としては薬剤が入ってくることを決して喜ぶ事はないということを知り

薬に頼らず自分の力だけで乗り切るという喜びを身体に経験させ、なるべく薬に頼らない生き方考え方を身につけたいものです。

 

断薬のススメ1

薬による害は近年あちこちで言われることが多くなってきましたが、まだまだ日本は薬漬け大国と言わざる得ません。

一説によると地球で作られる薬の4分の1が日本だけで消費されているということです。

世界人口に対して日本の人口は、約50分の1ですから地球上の薬の25パーセントを日本だけで消費するというのはとんでもない量です。

 

では何故我々日本人は、こんなにも薬に頼る国民になってしまったのでしょうか?

僕は、近年我々日本人が身体や病気や症状などと、深く向き合わなくなってしまったのが一番の原因なのではないかと考えます。

身体に異常を感じた時

なぜこんな事が起きたのか…

どうしたら改善できるか…

あまり考えもせず安易に薬で症状を抑え、消してしまっていないでしょうか?

自分の日常生活に問題があるにも関わらず、改善点に目を向けず、安直に臭いものには蓋をするで乗り切ってはいないでしょうか?

 

症状は表面的なもので、その奥に必ず大切なメッセージが含まれています。

身体の声に耳を傾けると、安易に薬に頼るという判断は少なくなっていくと思います。

例えば自分のお子さんが赤ちゃんの時、そんなに安易に薬を飲ませられたでしょうか?

自分が妊娠中なら、何も考えずキツイ薬を摂ったでしょうか?

少しでも薬に対して知識のある方なら、なるべく摂らずに乗り越えたいと考えるのが普通です。

 

実際、日常でかかる病気や症状は、殆どが薬無しで乗り越える事が可能です。

僕は20年以上薬を摂っていないし、家族も殆ど摂っていません。

その間いろいろな病気に感染しているし、インフルエンザにも何度も罹っています。

でも、薬は必要ありませんでした。

 

大丈夫なんです!

そんなに慌てて薬に飛びつかなくても(^-^)

 

次回はもう少し何故薬を摂らない方が良いのかを掘り下げてみたいと思います。

インタビューを受けました!

2月4日”立春”は私の55歳の誕生日です!
この良き節目に、何時もお世話になっているジェモセラピー協会のお力添えを頂きまして
【治療家としての半生が記事になりました】

治療家として、自然療法士として、僕が影響を受けた自然や畑とのつながり、妻や子どもたちとの出会い、両親との別れ、仲間たちとの日々を、インタビュー記事として記録に残して頂きました。

平柳伸児(のぼる)先生│ジェモセラピスト・インタビュー

ちょっと恥ずかしいですが僕の人生のこれまで、そしてこれからを少しでも感じ取っていただければ幸いです。

今日の誕生日を迎えられましたこと、皆さまに心より感謝を申し上げます。

──平柳伸児(ひらやなぎ・のぼる)