ブログ記事検索

2017年3月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

沖縄弾丸ツアーその2

前日の強行軍&深酒のダメージも見せず元気に2日目もスタートです。

 

天気が微妙なので、空と相談しながら移動します。

予定では久高島へ船で移動ですが、さすがに雨だと島に渡ってから何もできないので

まずはフェリー乗り場へ移動します。

 

すると、近ずくにつれ天気が回復!

さすがアルテミスツアー☆何時も天気が味方です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

久高島へ渡って直ぐにレンタサイクルを借りて、さあ島内観光!

何しろ観光時間は実質1時間。とにかくサクサク回ります。

 

 

 

 

 

 

 

なんとか予定していたコースを回れ「はい、チーズ!」

皆んな元気に笑顔です(一部二日酔い)

 

本島に帰島し昼食は海の見えるベジカフェへ、沖縄らしい料理を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

そして最後の観光スポット、斎場御嶽へ!

ここは前回も訪れている、言わずと知れたパワースポットで

リアルにスピリチュアルパワーを実感できます。

 

 

 

 

 

 

 

全てに於いて足早に回った沖縄でしたが、参加頂いた皆様がそれぞれパワフルで

こちらが圧倒される程でした。

 

この後、好評の糸満うまんちゅ市場に寄ってお土産を買い込み全行程を終了。

 

旅の間何処へ行っても、笑顔、笑い、笑顔の

楽しい楽しい弾丸ツアーでした。

ご同行の皆様お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

回った処からも沢山パワーを貰いましたが、皆さんから頂いたパワーはもっと大きかったと思います。

又、是非いろいろ楽しみに行きましょう♪

感謝

沖縄弾丸ツアーその1

やっと投稿できます^^;

まだ寒い寒い2月、あったかい沖縄へ弾丸ツアー行ってきました!

 

昨年も行ってきましたが、好評により今年も決行しました。

メンバーもリピーターを含め昨年より少し増え総勢13人、更に盛り上がる予感です。

 

那覇空港に到着後、すぐにレンタカーで向かったのは前回大好評だった「糸満うまんちゅ市場」

ここで宿で食べる食材を買い込みます。

地元も食材が豊富で、皆んなで食べたい物をカゴに入れていきテンションが早くも気持ちは上がります♪

 

買い出しを終え、向かったのがフクギ並木。

ここで素敵な景色を見ながら昼食、

 

 

 

 

 

 

 

ここまでの道が渋滞していたりで、やっとありつけた昼食にこの笑顔です(^^)

 

 

 

 

 

 

 

食後はフクギ並木をお散歩

 

 

 

 

 

 

 

次に向かったのが「今帰仁城跡」ここは昨年家族で行って雰囲気が良かったので立ち寄りました。

当日はちょうど桜まつりで、実は此処の桜は日本で一番早く開花する事で有名で

当日も可愛い桜を見る事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

その後アルテミス一行が向かったのは、嵐が出演したANAのCMで使った事で一躍有名になった

「ハートロック」

若手は足を水に浸ける元気さがありますが、僕は砂浜に降りるのが限界でした。

 

 

 

 

 

 

 

この日はこのまま宿に向かい、何時もの様に買い込んだ地元の食材に舌鼓を打ちドンチャンパーティーを楽しみました。

メンバーによっては、この時間を一番楽しみにしていたりします(^.^)

 

早朝6時に羽田に集合でしたが、世が更けるまで盛り上がり初日終了です…

神道の教えって…?

折角なので神道についてもう少し掘り下げてみようかと思います。

 

神道の在り方は、世界中のどの宗教にも無いような独特の緩さのようなものがあって、そもそも八百万もの神様が存在するという事からしてとんでもないスケールなんですけど(昔むかしは日本の人口より神様の方が多かったらしいですから)

他の宗教を排他しなかったり(仏教が伝わって来た時も戦争とかしてないです)いろいろな神様のお札を並べて置いたり、ひとつの神社にいくつもの神様が祀られていたりお稲荷さんも祀られてたり…凄く懐が深い感じがします。

神道は、あれをしろ、これを崇めろ、これを唱えろ、殆ど言いません。

そして、これといって崇める対象が特に無いのも神道の特徴の一つだと思います。

銅像を飾ったり、特定の物を崇めたりをあまりしません。

 

その部分を掘り下げると一つの答えが出てきます。

神社に行って本殿に向かって手を合わせた時、大概ある物が正面にあります。

それは鏡です。

その鏡の前で手を合わせようとした時そこに映るのは、、、

そうあなた。自分自身です。

 

諸説ありますが、僕の知る鏡がある本当の意味は「あなた自身が神である事を確認する」です。

そもそも、人間は(日本人は)神格が備わった存在である。と云うのが神道の本当の捉え方なので

本殿に特別な物を祀る必要が無いのです。

 

神道が伝えたいのは、「あなた自身が神格を取り戻す事」なのです。

 

神社に行って帰りに鳥居をくぐる時、何か清々しい感じがするのはそのせいなのかもしれませんね。

さあ、清らかに自覚を持って日々の生活を送りましょう。

神様への誓い

お正月ということで、初詣の時期なので

神様への御祈願について、聞いたり読んだり気付いりして現時点でそれが正しいんじゃないかな…と思う事を少し伝えさせていただきます。

 

全くもって僕の個人的な考え方なので、あくまでもごさんこうまで。

image

 

 

 

 

 

まず、神様にも格式の様なものがあるみたいに思い、よりメジャーな神社や神様のところへお詣りに行ったりしがちですが、まずは自分が住んでいる氏神様のところに行くのが基本です。

特に生まれてすぐのお宮参りは、その土地で生を受け生きていくことのご挨拶なので、できれば氏神様のところへお詣りに行くのがいいかと思います。

 

「祈願」は正直に素直に。

神様は我々人間の幸せを願い、いつも私達の幸せへのサポートをしたくて手を差し伸べようとしていますが、リクエストが無いと何も出来ません。

素直に正直に伝えましょう。

ただここで云うリクエストとは、お願いや頼み事ではありません。

「真っ赤なフェラーリが欲しい!」とお願いして、寝ている間に車庫にフェラーリをプレゼントしておいてくれるのが、神様の力ではないんです。

ここで云うリクエストとは、「宣言」「誓い」です。

つまり「私は真っ赤なフェラーリを手に入れます!」という宣言です。

そうすると、神様は真っ赤なフェラーリを手に入れる為の縁や流れを繋いでくれます。

ちょっとした拾い物や、頼まれごと、ふとした縁から流れを繋いで行った先にフェラーリを手に入れるという現実が待っていたりします。

神様がくれるのは導きなのです。

 

必要なのは、神様に何を目標に何を志していくのかを宣言することなのです。

それが「祈願」です。

 

家族が健康で一年過ごせますように

ではなく、家族が健康で一年過ごします。です。

image

 

 

 

 

 

 

 

僕は、初めに住所と名前を述べます。

その後、宣言又は誓いをします。

 

そして、その祈願に対する「教え」がおみくじです。

僕はおみくじを引くことは滅多にありません。

それは、意味を深く読み解くことが出来ないからです。

 

でも、おみくじを良く読むと、その祈願を達成するには、何に気を付けどんな行動をとっていけばいいのかが、其れなりに理解できます。

「吉」「大吉」などの段階にばかりとらわれがちですが、重要なのはその内容

神様からの直々のアドバイスです。

 

とまあ、こんな感じで祈願するのが僕はいいのでは、と思うのですが内容は

できれば、抽象的では無く、なるべく現実的で分かりやすい表現で且つ否定形で無いのがいいです。

 

よく抽象的に「世界が平和でありますように」とか願ったりしますが、

僕が思うに神様的には、あなたが心配しなくても世界は平和です。と返す気がしています。

一般的にいう不幸な事が無くなれば、世界平和と考える方が多いのかもしれませんが、それは無いです。

僕はこの世で起きる事は、全て神様が許した事だけが起きていると思っていますから

地震も自然災害も一般的に言われる不幸な出来事も、神様が許した出来事だと考えます。

 

なので、お願いするのは現実的に分かりやすく自分が、何を手に入れたいのか、何になりたいのかでいいと思います。

 

それと否定形で無い、つまり「病気じゃない」とか「お金に困らない」では無く

「健康で骨密度1.5g/㎠」とか「毎月30万円貯金できる」のような表現が伝わります。

伝わらなかったら意味無いですからね。

 

神社ではそれぞれのしきたりやマナーがあって良いと思います。

良かったら参考にしてみて下さい。

 

個人的な希望を付け加えさせて貰うと、近年参拝の所作などが広まり丁寧になって

前の人の御祈願が終わるのを、しっかり待つ様になってきましたが、できれば横にガンガン 並んで次々にお詣りを済まして頂くと行列も少なくて済むのになぁ〜と思う今日この頃です(^^)

 

謹賀新年🎍

img_0023

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

 

昨年中は大変お世話になりました。

皆様にとって素晴らしい一年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

お陰様で今年でアルテミスは10周年!

スタッフ一同、更なる向上を目指し皆さまのお役に立てますよう精進致します。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

平成29年 元旦